保守メンテナンス
Flow

保守点検について

保守契約をお申込み頂くと当社の技術員が定期点検にお伺いいたします。万⼀故障が発⽣した場合でも、派遣費・基本技術料を無償で修理いたします。

保守点検でいつでもベストコンディション

自動ドアは日々何百、何千回と開閉を繰り返します。保守契約にご加入いただくと、定期的な消耗部品の交換や調整により、安定した運転状態を維持し、
安全で快適にご使⽤いただくことができます。
弊社のサービスマンは国家資格である『自動ドア施工技能士』資格を有している自動ドアメンテナンス専門のプロ集団で、⾼い技術⼒と経験を持っており、24時間365日、修理受付に対応しています。
保守契約ではハード⾯・ソフト⾯の両⽅で、お客様の⼤切な財産であります自動ドアをお守りいたします。

保守契約のメリット

ポイント1

定期的に契約先を技術員が巡回し、装置の状態を良く知ることができるので、適切な判断により大きな故障を未然に防ぎます。

ポイント2

定期的な点検、整備をするので、機器の耐⽤年数が延びます。

ポイント3

いつも快適な動きを保つので出入りがスムーズです。

ポイント4

万⼀不時の故障も、優先的かつ迅速に対応することができます。また、その際の基本技術料・派遣諸費⽤は保守契約料に含まれております。(夜間は追加料⾦をいただき ます)

ポイント5

消耗部品などについて、事前に損傷の程度を確認できるので、⼤きな部品交換などが避けられ維持費を低減することができます。また、契約に含まれない有償部品も保守契約先様特別価格でご提供いたします。

ポイント6

維持管理費、故障による営業時間のロス、冷暖房空調費のロスが低減され、総合的にみて損失を防ぐことになります。

ポイント7

契約された自動ドアには、所有者の使⽤・管理上の不整備によって第三者に対して損害賠償事故が発⽣した場合に適⽤される施設賠償責任保険が付いています。(但し、所有者本人及び従業員の事故、又所有者が預かっていた財物に対する事故、施設の改修工事による事故及び天災等による事故は適⽤されません。)

保守点検の内容

定期保守点検は次の項目について調整、点検をいたします。

駆動装置 ベルト・ワイヤー・チェーンの伸び、ゆるみ、破損、作動時の円滑性、駆動の装置の締結ゆるみ、摩耗度、開閉速度、クッション、開閉⼒、異⾳等点検調整を⾏います。
扉懸架部 レールの曲がり、下り、勾配、偏磨耗、ゆるみ、吊り⾞の摩耗、踊り、扉の下り、上下のチリ、召し合せ、⼾当たりゴムの摩耗、振れ⽌めの摩耗、⼿動抵抗、共振騒⾳、ガイドレールの異⾳等点検調整を⾏います。
電気 電源電圧、絶縁抵抗、漏電、配線のひっかかり、断線、端末結線ゆるみ等点検調整を⾏います。
検出装置 起動スイッチの固定、リード線処理、感度、検知範囲、誤動作等点検調整を⾏います。
部品交換 必要に応じて消耗部品の交換を⾏います。(ベルト、防振ゴム、吊⾞、脱線防⽌、振れ⽌め、配線、リミットスイッチ等) ※「センサープラス」プランは上記消耗部品に加えてセンサーが含まれます。(無目付・天井付のセンサー、補助光電センサー)

保守点検の作業内容

運転状況のチェック
点検開始
センサーエリアの確認・調整
点検報告書のご提出と安全利用のご提案

保守契約されていない場合の修理では・・・

保守契約対象外の修理では次のような工程となります。

技術員の派遣 お客様のご要望により、その都度技術員を派遣し、修理、調整にあたります。
規定料⾦のご請求 作業終了後は、弊社の規定料⾦をご請求させていただきます。
ご請求内訳 「技術料」+「派遣費」+「部品代」
※休日・夜間修理のご要望は、技術料が通常の5割増しとなります。

⼀回のご要請ごと、最低18,000円〜36,000円の基本料⾦となります。
また、部品交換がありますと、これに部品代等が加算され思わぬ出費がかさむことがあり、ご予算を予定しにくいのが実情かと思われます。

突発的な出費をおさえて、安心にご利⽤いただくためにも
ぜひ保守契約をおすすめいたします。
PAGE TOP